《支部だより》秋の撮影旅行(千葉支部)

ローズマリー公園で記念撮影

千葉支部が11月27日と28日に一泊二日で秋の撮影旅行を行いました。

今年は地元房総半島を撮影しようということで、「海ほたる」の撮影から始まって、館山市の崖の観音で有名な大福寺、(記念撮影)を撮影し、お昼には館山の海の幸満載の海鮮丼を参加者全員でいただきました。午後は館山市の海の博物館を見学し、その後安房神社に参拝し、見頃を迎えた大銀杏などと七五三のご家族を撮影し、その後小雨がちらつき始めた「根本海岸」で海の風景を撮影して一日目の撮影を無事終了。宿では大満足の夕食をいただき、部屋へ戻っては遅くまでの二次会で盛り上がりました。二日目は生憎の空模様で、朝陽の撮影はできませんでしたが、ゆっくり朝食を採り、紅葉を求めて「小松寺」へ、寺は紅葉の中にひっそりと静まりかえっていました。銀杏の落ち葉絨毯と紅葉の赤が感動的でした。参加者の皆さんは思い思いに紅葉を楽しみながら撮影していました。満足の紅葉撮影を終え、次の目的地「ローズマリー公園」(記念撮影)そして鴨川のレストランで昼食の後「亀山湖」へ。暖かい「こたつ船」に乗り紅葉が始まった亀山湖周遊を楽しんで二日目の撮影を終了しました。こうして千葉支部では例年、春は日帰り、秋は一泊のバス旅行をしています。そのほかに毎月、月例撮影会も開催しています、これからも支部員が楽しめる撮影会を毎年企画していきたいと思います。

千葉支部 支部長 郡司勝彦

館山市の崖の観音で有名な大福寺にて

館山市の崖の観音で有名な大福寺にて

黄葉の小松寺山門

黄葉の小松寺山門